笑顔の女性

数値について

ゴールドのサプリ

腎臓の機能が正常に働いているかどうかはクレアチニンの数値で判断することが出来ます。値は高すぎてもいけませんが、低すぎてもいけません。正常範囲内の数値である必要があります。
では、クレアチニンの数値が低い場合、高い場合、それぞれどういったリスクがあるのか知っておきましょう。知っておくことで、健康に対する意識が変わってくるでしょう。

■クレアチニンの値が低い場合
基準値よりも低くなっている場合には、筋肉に関係する疾患の可能性があります。筋肉で正常な代謝が行なわれていませんので、筋ジストロフィー症、多発性筋炎、筋萎縮性側索硬化症といった筋肉に関する疾患が起こる可能性が考えられます。

■クレアチニンの値が高い場合
基準値よりも高い場合には、腎機能に問題がある可能性があります。そのため、腎臓に関係する疾患が起こります。急性腎不全、慢性腎不全、尿毒症といった疾患を引き起こす可能性があります。

どちらの場合でも見過ごすことは出来ない病気です。そのまま放置していても状態が良くなることはありません。健康診断を行ない、クレアチニンの数値に問題があれば、すぐに治療を受けるようにしましょう。ただ、腎臓の場合には自覚症状がありませんので定期的に検査を受けておくようにしましょう。

検査を怠ることで、一生続けなければならない治療を行なわなければならないことになるかもしれません…。取り返しの付かないことになる前に、しっかりと検査を受けましょう。それこそ健康の秘訣なのです。